ビッチの初めて奪えます漫画

「ビッチの「初めて」奪えます。~夢を叶える卑密の道具~」みさおか・小女子

童貞サラリーマン・信太に、ちゃんと子孫を残させるために未来の孫がネコ耳ロボット・みみ美を送り込んでくるエロ漫画です。

REDLIGHT(レッドライト)の超催眠みたいに、催眠暗示で猥褻セラピストがSEXしまくるシチュエーションも好きですが、どんなビッチも処女に戻せるヴァージンふろしきで脱童貞を目指す展開がエロくて面白いです。

野田信太は、25歳の普通の会社員。

彼女いない歴=年齢の童貞で会社と家を往復し、趣味のゲームにいそしむつまらない生活を送っていた。

信太が童貞なのには訳がある。職場の同僚で幼馴染みの杉内ちえ。彼女に学生時代からずっといじめられていて、女性不信になってしまい三次元の女が怖くなってしまったのだ。

「一度でいいから・・・セックスしてみてぇな・・・」と呟くと「しようよセックス・・・」と声が聞こえ、布団の中から水着姿の猫耳美少女が飛び出してきた!

巨乳スク水にニーソックス姿の女の子。その正体は、未来からやってきたネコ耳ロボットみみ美。人々の豊かな性生活を手助けするために作られたご奉仕アンドロイドだった。

この子が性的なご奉仕をしてくれると思った信太は、みみ美の柔らかなおっぱいを指でつつき、たぷたぷ揉み始めた。

水着をはだけると、アンドロイドでも可愛い乳首がついていた。乳首に吸い付きおっぱいを舐め始めると、みみ美は感じ出して自分でオナニーし始めた。

興奮した信太は入れさせてと頼み込むが、水着の中から取りだしたハンマーで殴られてしまう。

改めて彼女の話を聞くと、来孫の澤史からのビデオレターを見せられる。

信太が童貞のままだと子孫が生まれないから、子作り活動をしてもらうと言うことらしい。

みみ美の卑密道具(ひみつどうぐ)を役立てながら、好きなだけ好きな女の子を孕ませることになって―。

義弟に奥まで注がれ十月十日 エッチなスマホ漫画

義弟に奥まで注がれ子作り

「義弟に奥まで注がれ十月十日」黒沢治美・鱗のエッチなスマホ漫画。

夫が無精子症でイケメンな義弟と子作りエッチをすることになった人妻を描いた人気のエッチコミック。

登場する男性キャラがイケメンで、女性も楽しめる作品です。ぜひ、無料試し読みから読んでみて下さい。

義弟に奥まで注がれ十月十日のストーリー

希緒が名家に嫁いで2年。夫の真臣との間に子供が生まれず、夫が病院に診断を受けに行くと染色体異常による無精子症と言われる。

その話を聞いた希緒は、不妊治療を受けるなどして、他に子供を授かれるよう模索しようと夫に訴えかけるが、2人の会話を立ち聞きしていた義弟の芳臣が話に割り込んできた。

不妊治療を受けたところで、妊娠できるか分からないし、それがいつになるかも予想がつかない。

結婚してから2年の月日が過ぎていて、両親が跡取りを望む気持ちはより強くなっている。子供ができない事実がバレてしまうと、家督相続権が得られなくなるだろう。

そこで義弟が解決法を提案する。兄と血液型が同じ自分が兄に変わって、希緒と子作りをすると・・・。

希緒は抵抗するが、名家の長男としての責任がある夫は、義弟の提案を飲むことにした。

愛する夫が居るのに、夫公認の元、義弟と交わることになった希緒は・・・。

スマホ向けH漫画

はだかんぼ教育」カスガ・新の裸学校H漫画です。
両親の仕事の都合で新しい学校へ転入したあゆみ。その学校は生徒も先生も全裸で授業をする裸授業が行われている学校だった!?と言うシチュエーションが面白い!

年頃の男女が素っ裸で学校生活を送るドキドキ感や、おしっこを飛ばしあったり、女の子なのに立ちションしてたり、体育の授業で生徒達が乱交SEXしてたり、のびのびとしたはだかんぼう教育の風景が繰り広げられていて、エッチで楽しい作品です。

バスケットの楽しさとプレイの奥の深さを伝える漫画・黒子のバスケ

黒子のバスケは、シリーズもので現在ケーブルテレビ等で放送されている。

出会いは「黒子のバスケって面白いんだって!」から始まっている。

少年漫画に掲載されていたのものが、テレビアニメ化され、それを見てこのアニメの面白さにハマってしまった。

今まで目立つプレイが売り物のバスケットに黒子?と首をかしげたことから興味を持った。

大抵の人はシュートし得点することの醍醐味が一番と思っている中へ、「パスに特化した」黒子の存在をアピールし、それがバスケットをより面白くすることを、このアニメを通じて紹介している。

普通、ストーリーとしてはここまでの事が多いのだが、このアニメはそれだけに留まらず、黒子を通してチームワーク重要さを訴えている。

個々の力量だけで得点を重ねるのではなく、パス等を介したチームプレイがさらにその得点力を増すことを示すことで、そのチーム力を最大へと導くことを、バスケットを通じて紹介している。

チームプレイが本当のバスケットの楽しさを与えることを知り、毎回楽しみに観ることにしている。