平安絵巻の様な世界観

「さいとうちほ」作者の「とりかえばや」を知っていますか。

少女コミックなのですが平安京の時代的な世界です。

12単衣を着ている女官達など着物が素敵です。

ストーリーは左大臣の所に2人の子供が生まれるのですが同じ日に別々の母親から誕生したのは1人は女の子でもう1人は男の子この2人が瓜二つの双子の様なのに性格が女の子が若君の様に男の子らしくもう1人の男の子は姫君らしいく朝廷に出仕したのが女の子の若君の方つまり若君と姫君を取り換えたのです。

また、この若君が伯父の右大臣の4の姫と夫婦に為ったり天皇への好意を知ってから自分が女の身で男として生きている事に悩みだします。

同じ様に弟の方は女性の時期天皇候補に女として使えていて此方も男としての意識が出てきてお互いに間違った生き方をしていた事に気が付いて互いの姿を元の形に戻す事になる所まで話が進んでいます。

この先2人はお互いの好きな相手とどう向き合って行くのかが気になっています。

そしてここに出てくる者達の着ている衣装や烏帽子姿など着物の絵柄など綺麗だと思います。

作者がこの先のストーリーをどうするのか2人を取り巻く者達はどんなふうに関わって行くのかとても興味が尽きません。

最終話が楽しみです。

胸キュン青春ラブストーリーといえばコレ!「君に届け」

アニメを観てドキドキ、キュンキュンした「君に届け」ですが、どうしても続きが気になって友人にマンガを借りて読み始めました。

アニメで観ていたはずなのに、マンガで読むと改めて胸がキュンキュンしました。

恋愛と友情がバランス良く描かれていて、それぞれのキャラクターが泣いたり笑ったり、学生生活を通して成長していく姿を見守りたくなります。

好きなシーンを何度も何度も繰り返し読んでは「良かったね」「頑張れ」とついひとりごとを言っては涙を流すということを続けていました。

アニメ以降の話になると、それまで以上にのめり込み、まるで自分が「君に届け」の世界に入り込んでいるかの様な気分で読んでいました。

結局は友人に借りると、発売日から数日経たないと読めないことで待ちきれなくなり、一気にまとめ買いをしてしまいました。

しかし、後悔は全くしていません。

家にあればいつでも好きな時に読み返せます。

実際、ふとした時に手に取ったしまうのは「君に届け」ばかりですから。

ちなみに、エロ漫画のシチュエーションとしては、お風呂H漫画が好きです。

ひぐま屋のもしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったらと言う作品は、銭湯で女将がエロいサービスをしてくれて、セックスまでしてくれるシーンが激エロでした。

もしも近所にhなサービスをしてくれる銭湯 無料画像の立ち読みもできるんで、熟女や巨乳好きな人はCHECKしてみてください。