「ママはテンパリスト」を読んで肩の力が抜けた!

初めての出産を終え、いよいよこれから育児という未知の世界に突入します。
不安でいっぱい、ちゃんと子どもを育てられるのか、いいお母さんになれるのか。

と悩んでいたところ、友人の勧めで読んだ東村アキコさんの「ママはテンパリスト」に救われました。

子どもは天使のようだとか育児は素晴らしいものだとかの変なプレッシャーをかけてくる内容ではなく、むしろ子育ての大変なエピソードが満載なのに、どれもこれも腹がよじれるくらい面白い。
大変だけど、子育てって面白そうだなと素直に思えるような作品です。

東村さんがいわゆる「優等生ママ」じゃないところがとてもいいのです。
赤ちゃんの気持ちになって優しく接しようとか赤ちゃん言葉で話そうとかがなく、小さな一人の人間と真正面から向き合っている感じ、ガンガン突っ込みも入れるし普通に会話をする。
憧れる子育て方法だと思うのと同時に、それほど難しい方法でもないように思えて、自分もこんなふうに自然体に子育てができればいいなと思わせてくれます。

育児に疲れて笑顔が出なくなったときに読み直す漫画になると思います。

Hな漫画では、JKものが好きなんで、先生、放課後ラブホでHしよって作品がエロい内容で最高でした。